ウコン茶が含むもの

ウコン茶が含むもの

ウコン茶が含むものには、さまざまな健康作用のある成分が多くあります。健康茶であるウコン茶に含むものとは、どのようなものなのでしょう。

 

抗がん作用をとても活発にするクルクモールやクルクメン、弱くなった血管を修復する働きを持つフラボノイド、胃の調子を健康的に維持するシオネール、胃瘍や炎症の治療に効果的なアズレン、強心効果を持ったカンファー、肝機能を促す働きのパラ・メチトルイルカピノール、コレステロールを溶かす作用のα-クルクメン、抗炎症・抗菌・殺菌をするターメロンなどがあります。他にも含むものとして、β-エレメン、ジンギベレンなどがあげられます。

 

こんなに優れた効果を含有したウコン茶ですから、日常的な健康づくりに役立ててみてはいかがでしょうか。お茶ですから、食事のときに飲むよう心がければ、かなりの量が摂取できそうです。健康茶として飲むのが難しいという方は、薬用酒や薬草酒の「ウコン酒」を作って飲むのも1つの方法です。

 

作り方は、まずウコンを水洗いして、薄くスライスします。ホワイトリカーに入れたら、冷暗所で1〜2カ月程度そのまま漬けておけば完成です。ウコンの持つ有効成分を体内に摂取するには、健康茶や薬用酒以外に、漢方薬に含まれる生薬や、カレーなどの料理に使用される香辛料のターメリックとしてが有名です。

 

どれか1つくらい、摂取できる方法が見つかるといいですね。香辛料は香りが高いので、やはりカレーに入れるのが一番のようです。

関連ページ

お茶で美肌づくり
お茶は食事をするときにも水分補給にも日常的に口にされているものですから、美肌づくりのために無理なくコツコツと続けられるのではないでしょうか。
アンチエイジングになる食事で美肌づくり
アンチエイジングになる食事をとっていれば、高級な化粧品など買い続けなくても、毎日の食生活で自然と美肌になることは可能です。
ジュースで解毒して回復する美肌
腸内環境がよくない体は、吹き出物やむくみなどを引き起こしますので、美肌とはほど遠い状態を作ってしまうものです。デトックスは、簡単に手作りできるジュースで行うことが可能です。
美肌にきくコラーゲン入り飲み物
美肌に効果的な飲み物として、コラーゲンを配合したドリンクが発売されています。もともと人間の体にもあるもので、血管や骨、肌などにある成分ですが、年齢が高くなるほど体内で生成される量が減少してきます。
美肌に野菜を役立てるには
美肌に野菜料理を役立てるには、どのようなことに注意して調理をしたらいいのでしょう。食卓にだすときに、調理方法にバリエーションがあります。
美肌のドリンクの注意点
ドリンクを飲むときでも、美肌への影響を考えた選び方をしたいものです。あまり意識しないで飲んでいる方は、美肌のために気をつけてみてください。
食べ物で体の中から美白
美白にきく化粧品や、紫外線からお肌を守る日焼け止めなど、さまざまな商品が販売されていますが、美白は体の外からしかできないものではありません。毎日とる食べ物の選び方によって、体の中から美白を行うこともできます。
にんにくの美肌効果
おいしい食べ物から美肌づくりができたら、長続きできるのではないでしょうか。そこでお勧めなのが、にんにくです。にんにくは1年中、手に入りやすい食材ですし、たくさんのメニューやレシピで使われていますから、飽きずに続けられます。
シミをとる酒かす美白化粧品パック
シミのお悩みに、美白化粧品を使用している方は多いことでしょう。日本酒に使用されている酒かすで、シミ対策のための美白化粧品を手作りして、フェイスパックしてみませんか。
トマトのαリポ酸で美肌に
トマトには、リコピンなど女性にうれしい成分が多く含まれていることが知られています。美肌になるために、普段の食生活で積極的に食べたいものです。
漢方の視点からの美肌と健康
漢方の世界では、美肌と内臓の健康には大きく関わりがあると言われています。内臓の鏡と言われるほど、内面の状態が皮膚に現れるということです。逆に言えば、美肌は内臓の機能を整えることで実現するということになります。
美白になる食べ物や栄養素
美しい肌のイメージといったら、陶器のような白い肌なのではないでしょうか。美白になる食べ物や栄養素をとりながら、おいしくキレイになりましょう。
美白サプリメントの飲み方
美白サプリメントを飲むにあたって、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。せっかく美白サプリメントを購入したら、効果をさまたげるような飲み方は避けたいものです。
美肌になる日本酒風呂
お風呂の湯船に日本酒を加えて入ると、美肌効果になるということを知っていますか。日本酒は保湿効果が高いので、乾燥しにくい肌にする作用があります。
美肌に効く納豆
美肌になりたいなら、納豆を活用しない手はありません。納豆は日本に昔から伝わる食べ物で、健康的で安全性の高い大豆食品です。体の中から美肌づくりを行えば、表面も体内も磨くことができます。
豆乳を飲んで美肌づくり
豆乳を飲むだけで、美肌づくりを行うことができます。美肌ケアをする方法は、高級な美容液やクリームを塗るだけではありません。豆乳は美肌効果だけでなく健康にもいいですし、ダイエットにも役立ちますから、幅広い方にお勧めします。
酒の飲み過ぎは美肌の大敵
酒は代謝をアップさせ、血行を高めることから、ほどよい量であれば美肌にしてくれる飲み物です。体がポカポカと温まってきますので、適量は美肌や健康づくりになりますが、量を飲み過ぎてしまうと逆によくありません。
酵素洗顔で美肌づくり
美肌になりたくても、くすみがあって血色が悪いように見えるという悩みはありませんか。お肌はターンオーバーというサイクルで生まれ変わり続けているものですが、睡眠不足や不規則な生活習慣などでターンオーバーが滞っていると、古い角質が肌に残ったままで、くすみの原因となります。そんな悩みには、酵素洗顔を試してみてはいかがでしょうか。
韓国焼肉で美肌に
本場のおいしい焼肉が好きという方は、週末の土日の短いお休みでも韓国にまで飛ぶほど、本当に好きなようですね。韓国には美肌の女性が多いですが、焼肉などに使用されるお肉にも、美肌にいい効果がたくさんあるようです。
食べてシミやシワを除去しよう
お肌の悩みで多いのが、くすみやシミ、シワのトラブルではないでしょうか。うっかり紫外線対策をせずに外出したときに限って日差しが強く、シミができてしまったなんてことはありませんか。身近にある食べ物でくすみやシミ、シワを改善できたら、とても便利ですよね。
EGFがもたらす効果
スキンケア製品で注目を集めているEGFは、どのような効果を持っているのでしょう。本来人間の体内にもあるタンパク質ですから、皮膚の一番外側の角質層には、EGFをキャッチする受容体がすでにある状態です。
EGFを含むもの
EGFを含むものとは、どのようなものなのでしょう。EGFというと、新しくて化学的なものではと想像されるかもしれません。EGFを含むものは、他でもない人間の体内の因子にあります。
Lシステインを含むもの
Lシステインを含むものとは、どのようなものでしょう。小麦胚芽やオート麦、芽キャベツ、ブロッコリー、たまねぎ、にんにく、赤唐辛子などが含むものだと言われていますが、美肌効果が現れるほどの量を摂取するには、大量に食べなければなりません。
はちみつとは違うローヤルゼリーとは?
美容にいいローヤルゼリーとは?どういうものなのでしょう。ローヤルゼリーとは?女王蜂が食する特別なもので、はちみつとは異なるのだそうです。
アロマなどに使用されるハーブとは?
ハーブとは?ハーブティーとして飲まれたり、お料理に使用されたり、アロマオイルとして人の心を落ち着かせるなど、さまざまな使われ方がされています。もともとラテン語のハーブとは?草本性の植物のことをさす言葉です。
アンチエイジング効果のコエンザイムQ10
コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があることから、アンチエイジング効果があるということで一躍有名になりました。ストレスなどで体内に活性酸素が増加すると、老化の原因になりますから、コエンザイムQ10効果を十分に役立てたいものです。
イソフラボンを含むもの
イソフラボンを含むものには、どのようなものがあるでしょうか。イソフラボンの中で一番有名なのは大豆イソフラボンですから、きな粉や納豆、豆腐、お味噌、枝豆、豆乳、油揚げなどの、大豆製品が含むものといえるでしょう。
ウコン茶の計り知れない効果
ウコン茶には、計り知れないほどたくさんの効果があります。普通のお茶ではなく健康茶と呼ばれるのも、納得の働きが詰まっています。
エストロゲンに似た大豆イソフラボンを含むもの
エストロゲンという女性ホルモンに似た働きの大豆イソフラボンを含むものとは、どんなものがあるのでしょう。若々しさや美しい肌をサポートしますから、日常の食生活の中でも、ぜひ積極的に大豆イソフラボンを含むものをとり入れてください。
グルコサミンがもたらす軟骨形成の効果
グルコサミンは、関節の軟骨を作るという効果があるということが、アメリカで実施された実験で報告されました。日本人は美容への関心が高く、ダイエットを扱うテレビ番組のコーナーや書籍を頻繁に目にします。アメリカにはダイエットが必要な人が多く、ヒザが体重をささえきれなくなったり、関節痛を発症することも珍しくありません。
コエンザイムQ10を含むもの
コエンザイムQ10を含むものには、どんな物があるのでしょう。コエンザイムQ10はそもそも、人間の体の中で作られていますので、人間も含むものと言えるかもしれません。ずっと生産され続けていればいいのですが、年齢が高くなるほど、量が減ってしまうのです。
コラーゲンの持つ効果
コラーゲンは、私たちにどんな効果をもたらしてくれるのでしょう。コラーゲンというと、美肌効果ばかりが注目されていますが、全ての人体の6%〜7%をしめている成分なのだそうです。
コラーゲンを含むもの
コラーゲンを含むものには、どのようなものがあるでしょう。動物の軟骨や骨、皮膚などにたっぷり入っていますが、含むものは火を通さなければならないものが多いようです。
サビさせないコラーゲンとは?
コラーゲンとは?どのようなものでしょう。美容成分などで目にしますが、美容に関心のない方でも、全ての人にとって体づくりに欠かせないものです。コラーゲンとは?タンパク質の一種で、動物や人の体の組織に入っています。
シトルリンがもたらす効果
2007年から日本でも食品素材として使えるようになったシトルリンですが、どのような効果をもたらしてくれるのでしょう。シトルリンはアミノ酸の1つなので、人間の体内にもあるものなのです。その効果は、さまざまな研究で明らかになってきました。
シトルリンを含むもの
シトルリンを含むものには、どのようなものがあるのでしょう。シトルリンはスイカの学名であるシトルラス ブルガリスから由来している通り、含むものとして代表的なのは、やはりスイカです。
スイカからできたシトルリンとは?
新素材のシトルリンとは?どのようなものでしょう。シトルリンとは?シトラス ブルガリス(Citrullus vulgaris)から、由来してつけられた名称です。これはスイカの学名です。
ストレスにもビタミンCの持つ効果
ビタミンCには、どのような効果があるのでしょう。健康作用や美肌効果など、積極的にビタミンCを摂りたくなるものばかりです。
ダイエットに役立つアミノ酸とは?
アミノ酸とは?とあまり特徴を知らない方は、これまで取り組んできたダイエットで損をしているかもしれません。筋肉の量を増加させると、基礎代謝カロリーが上昇します。基礎代謝量がアップすることで、痩せやすい体質作りができますから、ダイエットを効果的に行うことができるのです。
デルマタンの持つシミ撃退効果
デルマタンは、私たちにどのような美容効果をもたらしてくれるのでしょう。皮膚の細胞密度を高める作用があることから、紫外線が入り込みにくくなるので、色素沈着やシミを作りにくくする効果があります。
ハイドロキノンが危険を含むもの
ハイドロキノンが危険を含むものというと、ちょっと警戒されるかもしれませんが、正しい使い方をしていれば問題ありません。ハイドロキノンが危険を含むものは、酸化が進むほど時間が経っているものです。ハイドロキノンは酸化しやすいので、できれば開封後は、早めに使いきるのが理想的です。
ハイドロキノンのシミ撃退効果
ハイドロキノンは、シミの撃退効果があるといえるほど、優れたホワイトニング力があります。ハイドロキノンには、メラニンが合成するのを抑える働きがあります。
ハーブの持つ効果
ハーブが持つ効果は、その植物によって幅広く分かれています。ビタミンCを多く摂取することのできるローズヒップティーは、ホットで飲んでもビタミンCが破壊されないことから、女性たちの美肌作りに役立てられています。
ハーブの種類によって含むもの
ハーブの種類によって、含むものは違いがあります。ハーブを扱う専門店に行くと、さまざまな種類が並んでいますが、それぞれに含むものは異なるのです。
ヒアルロン酸の美容効果
ヒアルロン酸の美容効果は、多くの製品でいかされています。皮膚を構成する働きを持っていますから、美肌づくりに効果を発揮するためです。
ヒアルロン酸を含むもの
ヒアルロン酸を含むものには、どのようなものがあるのでしょう。ヒアルロン酸という美容にいい成分があることは、化粧品やドリンク剤などの製品で知っていても、含むものはなにかまでは知らない方も多いのではないでしょうか。
ビタミンCを含むもの
ビタミンCを含むものには、どのようなものがあるのでしょうか。ビタミンCは、いろいろな野菜やフルーツに入っています。特に多く含むものは、レモン、グレープフルーツ、ミカンジュース、キウイ、柿、グァバ、アセロラジュースなどがあげられます。
ビタミンEの効果
ビタミンEには、多くのありがたい効果があります。男性にも女性にも共通する、ビタミンEのうれしい働きとは、活性酸素を取り除く効果ではないでしょうか。
ビタミンEを含むもの
抗酸化作用の強いビタミンEを含むものには、どのような食品があるのでしょう。穀物の胚芽が、たくさん含むものとして知られています。
プラセンタの美肌に役立つ効果
プラセンタは、アンチエイジングや美肌に高い効果を発揮します。肌の調子を整える働きがありますので、脂性、敏感肌、肌荒れ、乾燥肌などでお悩みの方に最適です。
プラセンタ製品が含むもの
プラセンタ製品が含むものは、胎盤から抽出された成分です。プラセンタはさまざまな製品に配合されていますから、赤ちゃんの胎盤が含むものなのかと気になったことはありませんか。
ホワイトニングするLシステインとは?
Lシステインとは?どのようなものでしょう。Lシステインとは?髪の毛や皮膚を構成している成分で、人間の体内でも作られています。髪の毛はたんぱく質でできていることは知られていますが、15分の1はLシステインがしめているのです。
ローヤルゼリーが含むもの
ローヤルゼリーが含むものは、多くの栄養素があります。その中には、人間の必須栄養素であるビタミン、ミネラル、アミノ酸も含むものに入っていますから、健康や美容の維持に効果的です。
ローヤルゼリーの類パロチン効果
ローヤルゼリーには、アンチエイジング効果のあるパロチンに似た、類パロチンというものが含まれています。パロチンという言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんが、人間の体内で、24歳くらいまで大量に分泌されている成長ホルモンの一種なのです。
健康に大切なアミノ酸を含むもの
アミノ酸が体内からなくなってしまったら、健康な状態を保つことはできません。アミノ酸を含むものを毎日の食生活でとり入れていけば、健康はもちろんのこと、美しい肌になったり、ダイエットにも効果を発揮します。
健康茶のウコン茶とは?
ウコン茶とは?健康茶として、幅広い方がたに親しまれるようになりました。健康茶として、すでに定番になってきているほどです。ウコンそのものは、夏から秋頃に白い花を咲かせるショウガ科の多年草です。
加齢により減るデルマタンとは?
デルマタンとは?デルマタン硫酸と呼ばれることもあります。お肌のホワイトニングに効くということで、美容界で注目を集めている成分です。
加齢により減るヒアルロン酸とは?
ヒアルロン酸とは?人間の体の中にたくさんあるものなのですが、年齢が40歳ごろから減ってしまうものです。ヒアルロン酸とは?眼球や関節、皮膚などを作っている物質なので、私たち人間にとってなくてはならない存在です。
女性にうれしいイソフラボンとは?
イソフラボンという言葉はよく耳にしていても、いざイソフラボンとは?と聞かれると、説明が難しいかもしれません。現在の研究では、15種類の大豆イソフラボンが分かっており、代表的なのはゲニステインやダイゼインなどです。
女性ホルモンに関係する大豆イソフラボンとは?
大豆イソフラボンとは?栄養が足りていなかったり、ストレスを溜めこんでいるなどによる、女性の症状に効果を与える栄養素です。それらの不調は女性ホルモンが関係するということで、女性ホルモンに似た働きとして多くの人々に役立てられています。
必須アミノ酸サプリの持つダイエット効果
必須アミノ酸サプリメントを利用することは、ダイエット効果を高めることにつながります。痩せやすい体質づくりのために、筋肉をつけて基礎代謝量をアップさせる効果を狙うなら、プロテイン飲料よりもスピーディに役立ちます。
抗酸化作用の強いビタミンEとは?
美容の分野で注目を浴びるビタミンEとは?どのような栄養素なのでしょう。ビタミンEとは?強い抗酸化作用を発揮することで、体の中にある活性酸素を除去する効果があります。
新陳代謝を活発にするコエンザイムQ10とは?
コエンザイムQ10とは?美容に興味のある方であれば、ご存知の方が多いでしょう。美容液やサプリメントなど、さまざまな製品に配合されていますので、名前だけは知っているという人も多そうです。
皮膚細胞の新生を促進するEGFとは?
EGFとは?上皮細胞増殖因子のことで、これを発見したアメリカのスタンレー・コーエン生物博士はノーベル生理学医学賞に輝きました。それほどこの発明は、人類にとって画期的な出来事なのです。
美容にも健康にもいいビタミンCとは?
ビタミンCとは?美白や美肌効果で有名ですね。風邪をひいたときに摂ると改善を促進してくれたり、ペットボトルの成分表示を見ると酸化防止剤として使用されていたり、医薬品にも用いられているなど、大活躍の栄養素です。
美肌をつくるデルマタンが含むもの
美肌をつくるデルマタンが含むものはと言ったら、水分と言えるかもしれません。プリプリの美肌を支えるデルマタンは、皮膚にうるおいやハリを与える役割を持って、大切に水分を含むものといえます。
肌を白くするハイドロキノンとは?
ハイドロキノンとは?「肌の漂白剤」の異名を持つほど、ホワイトニング効果が高いといわれているものです。ハイドロキノンとは?シミの元となるメラニン色素ができないように、ブロックする機能があります。
胎盤を意味するプラセンタとは?
プラセンタとは?胎盤という意味が英語にはある言葉です。美容関係や健康食品などで、この言葉を見かける機会が多くなりました。胎盤という意味なのに、配合されているのはどういうことなのでしょう。
色素沈着をケアするLシステインの効果
Lシステインの効果で代表的なのが、お肌のターンオーバーを促す働きです。肌は、基底細胞というところで新しく作られ、直接触れられる表面にまでだんだんと押し上げられ、最終的にアカとなって排出されます。
関節炎予防のグルコサミンを含むもの
グルコサミンを含むものには、どんな物があるのでしょう。グルコサミンは糖の一種で、甲殻類の殻、軟骨、皮膚などが含むものです。食べ物から摂取するには、山芋、干しえび、ふかひれ、おくら、うなぎなどが含むものとしてあげられます。
関節痛などに効くグルコサミンとは?
美容のためにダイエットをしても、リバウンドを繰り返していると、痩せる前よりも体重が増えていることがあります。ダイエットに取り組む人が多いアメリカでは、体重が増えすぎたことで、腰痛を抱えたり、ヒザの変形性関節痛に悩まされるケースがあります。